170916(土) 三連休の過ごし方

こんにちは。

津村小太郎です。

 

とても眠い。

スーパー銭湯に来ています。

帰って野菜を調理して食べる気にはならず、不健康かつ出費の大きい外食をしてしまいました。

昨日は同期のUとSと飲んで、Sの家に泊まりました。

飲み会の頻度を減らさないと、お金がたまりません。

Sは、仕事がしんどくても、それが出身地である三重県の浜の原風景につながっていると思えば頑張れると言います。

僕には原風景がないから頑張れないのでしょうか。

否、仮に原風景があったら、そこに帰りたくて仕方がないと思います。

僕にとっての「農業に興味がある」は、「農業政策に携わりたい」ではなく、「自分で耕したい」だったと気づく今日この頃。

期末面談で話してみようか。

毎日のように辞めたいと思うが、仮に3月いっぱいでやめるとして、いつであれば局内人事への迷惑が小さいか、と尋ねてみようか。

仕事がつらいのもそうだけれど、ある程度つらいのは当たり前であるなか、つらい経験の先にはさらにつらい経験しか待っていないような気がします。


とりあえず帰って昼寝をしよう。

おやつに、I先輩もらったとうもろこしをゆでよう。

夜は江川で日本酒イベント。

Aちゃんと会うのは楽しみ。

明日こそ野菜をちゃんと食べる。

昼は獣医学部在学中で農水省を進路の候補に入れているMと折原商店へ。

折原には寮の同期で保険会社に入ったSと月曜の夕方にも行く。

日本酒三昧の三連休。

日曜日の夕方は金沢戦。

菜園の様子もチェックしたい(ジャガイモ&大根は発芽したか。間引きのタイミングはまだか)。

仕事を辞めるタイミングや、辞めて何をするのか、考える。

ぼーっとする。

ごろごろする。

寝すぎない。

本を読む。