170917(日) 松浦弥太郎の本 他

こんにちは。

津村小太郎です。

 

朝起きて、かぼちゃの煮物を作りました。

やっぱり煮崩れて、うまくできません。

昆布と煮干しを入れ忘れて、醤油だけのきつい味になってしまいました。


お昼はMと折原商店へ行き、そのあとラーメンを食べて解散しました。

彼女は結婚できるかどうか悩んでいます。

見た目ははっきり言ってブスだけれど、いい子だと思います。

僕は愛知に帰る気でいるから、いま真面目な恋愛をするつもりはありません。


夕方、グランパスと金沢の試合を観たけれど、ボールを支配するもののゴールまで迫れないうちにカウンターで失点する悪いときのパターンで負けてしまいました。

中央を固められると最後のところを崩せません。

もう一皮むけないと、昇格は難しいでしょう。


松浦弥太郎の本を二冊読みました。

昨日のスーパー銭湯の帰りにヴィレヴァンで見つけました。

日々丁寧に自分と向き合うことの大切さが書かれていました。

週の後半になるにつれて余裕を失っていく毎日だけれど、金曜日の朝も味噌汁を作る余裕を死守したいと思います。

休みの日は、読書や散歩で心を落ち着けたいです。

仕事についても書かれていました。

僕のことに置き換えていえば、官房、上司、原課に何をしてあげられるのか、時間はないけれど最善の仕事を追求したいです。

「やらなくても死なない」という力みのなさと、「やるからにはよい仕事を」という志を両立させたいです。

そうすれば、短い期間でも多くのことを学べると思います。