171112(日)① 心が晴れない

こんにちは。

津村小太郎です。

 

「心が晴れないときの対処法」のようなハウツーを書くつもりはありません。

単純に、僕の心がいま晴れていないことを書きます。

共感してくれる人がいたらうれしいから?

別にうれしいとは思いませんが、書きたいので書きます。

 

昨日、千葉駅のHUBで名古屋vs千葉を観ましたが、0-3の完敗でした。

ハイラインハイプレスの相手に対し、真っ向からショートパスで後ろや中盤でつなごうとしたら、リスクが高いばかりでメリットはありません。

正確につなげるパスのレンジがまだまだ短いのでしょうか。

シンプルに相手の背後を突いたり、近くではなく一つ飛ばしたパスを選んだりできれば、もっと楽にやれたんじゃないかと思います。

グランパスが負けたことが、気分が晴れない理由の一つです。

 

昨日は、先週一緒に旅行に出かけた同期に飲みに誘われましたが、そんな気分ではなく、かつ、彼が五週間研修で同じ日程だった他省の同期にも声をかけていると言うものですから、より行く気にならず、断ってしまいました(決して悪い人たちではないのですが、打ち解けた間柄ではなかったので。)。

 

千葉から帰って、セブンイレブンWi-Fiを使ってAmazonビデオから映画をダウンロードしました。

寮に戻って、打ち上げ花火を横から見るか下から見るか的なタイトルの映画を見ました。

45分だから長すぎなくていいね、と思って見始めましたが、PVなのか総集編なのか、よくわからない感じで、消化不良でした。

ただなんとなく、小学生の頃や中学生の頃が思い出され、ああ、あの頃はもう返ってこないんだな、と思いました。

 

そのあと、門前仲町の折原商店に行きました。

刈穂の自然酵母仕込みがあって、値札がついていない瓶しかなかったので、レジに持っていって、飲めますか、と聞きました。

いつもだったら、飲めるんです。

昨日は忙しすぎたのか、値札がついたやつでお願いします、と言われ、値札がないから相談してるんですけど…これは飲めないってことなんですね、と確認が必要でした。

なるほど、正面から答えない人への苛立ち(上司が普段僕や他の部下に抱く感情)とはこういうものかと知りました。

 

帰って横になっていたら、寝落ちしていました。

25時に目が覚めて、灯りを消して寝ました。